A "Six String Sonics, The" performance is a spectacle in itself. In the first performances in Tokyo, the guitarists sat on a five-meter (twenty-foot) structure to play their instruments. This made room for additional entertainment pieces on stage while foregrounding the musicians as the centerpiece.

The front of the ladder housed several musicians. A percussionist triggered drum samples at the bottom of the ladder. Two bassists played a 2.5-meter (ten-foot) bass situated at the top of the structure. The longer bass strings give the instrument a much deeper tone than that of a conventional bass.

Six String Sonics, Theの初ライブでは、ギタリストが5メートルの筐体に乗り、ステージの焦点から楽曲を演奏しました。

筐体の左側に1、2、3弦、右側に4、5、6弦担当が座り、筐体の前面ではパーカショニストがドラムサンプルを担当。その上に2.5mの巨大なベースを装備しました。(こちらの演奏も分業化されており、一人が弦を押さえ、下からその弦をはじくことによって音が鳴ります。弦長の極限に挑戦することによって、従来よりもはるかにダイナミックな、深みのあるベース音を響かせることが可能になりました。)


日本語版はこちらにございます。
Background Photo: Naonori Kohira
 

Return to Menu