Reactive graphics are displayed behind the band to help visualize the sounds generated by each musician.

Reactive graphics (photo) by Nezu Tomoyuki + Gil Kuno.

Reactive graphics in NYC by Jonathan Bobrow + Gil Kuno.

 

Return to Menu

メンバーの後ろにはCGが映し出され、各弦の音を映像として表現しています。

リアクティブグラフィック:
プログラミング=根津智幸, Jonathan Bobrow
デザイン=根津智幸 + Jonathan Bobrow (NYC) + 久野ギル